子宮筋腫は特別な病気ではない

子宮筋腫は小さなものなら女性の過半数にあるとされる良性の腫瘍ですから、かなり身近な病気と言えます。

30歳以上の女性では婦人科を受診する人のなかで最も子宮筋腫の症例が多いそうです。

大きくなると直径が数十センチにもなりますが、小さな筋腫だと顕微鏡で見ないと分からないほどです。

ですから、自覚症状もないままに子宮に筋腫を抱えて生活している人はかなり多いと思われます。

子宮の平滑筋から生じて女性ホルモンであるエストロゲンで大きくなるので、女性なら誰しも筋腫を抱える可能性があります。

筋腫のコブは1個から数個発生し、小さいうちはあまり支障がないのですが大きくなってくると様々な弊害が出てきます。

私の知り合いで筋腫の摘出手術を受けた人は、取り出したコブに毛が生えていたと言っていました。

成体の組織ですからそういうケースもあるんでしょうね。

取り出す手術を受けるか温存するかで悩ましい場合もありますが、ホルモンの分泌具合で筋腫が発生後に大きくなる程度も変わるみたいです。

女性なら罹る可能性が高い子宮筋腫なので、自覚される弊害がある場合にどうするか悩む人は多いですね。

私の周囲にも何人も筋腫を抱えている人がいて、婦人科通いをしています。

知り合いの高齢の女性では、子宮筋腫で困っていたけれど閉経後に女性ホルモンが減ってから自然に問題が消滅した場合もあります。

初潮が来る前の女の子には子宮筋腫は見られず閉経後の女性ではコブが縮小する事を考えると、女性ホルモンが大きく関わっていることは確かです。

しかし、そもそも何故筋腫が発生するのかはよく分かってないらしいです。

子宮の平滑筋細胞が何らかの影響を受けると、芽になる細胞が発生するらしいです。

その芽がエストロゲンに反応してコブ状に成長すると言われています。

ネット上には子宮筋腫への対応方法が色々上がっていますね。

例えばこんなサイトが参考になります。

子宮筋腫の悩みはここで解決

ガンと違って良性なので支障がなければ放置していても良いですが、大きくなると弊害もあるので何らかの対応法が求められます。